管内特殊洗管(スコープ工法®)

その他

人体・管路に影響の無い高い安全性でより強い洗浄力を実現。

 

▮特殊洗管工法(スコープ工法)とは

日本水機調査が開発した上水道の洗管工法です。

洗管前に不断水内視鏡カメラで管路の問題と原因をつきつめ、特殊加工を施した球状の軟質ウレタン樹脂(PCボール)で管内の堆積物・異物等の除去を行います。

そして、洗管後には再びカメラ調査を行い、洗管前後の状況を比較・検証致します。

▮SCOPE工法(2)洗管

日本水機調査が開発した上水道の洗管工法です。

人体に無害なPCボール(軟質ウレタン樹脂性)を管に密着させ、摩擦力と水流による洗浄を行うので、安全で確実な洗浄効果が得られます。

       

 

▮スコープ工法の特長

1.人体に無害なPCボール(軟質ウレタン樹脂性)を管に密着させ、摩擦力と水流による洗浄を行うので、安全で確実な洗浄効果が得られます(PCボールは管径より大きな径を使用)。

2.既設消火栓・空気弁下の補修弁を利用するので土木工事不要(既設消火栓等がない場合は、不断水割丁字管等を設置すれば洗管可能)。

3.洗管は1日1~2区間、断水は4時間以内

4.1日の最大洗管延長は2km(※断水時間・使用水量による)。

5.本管Φ300mmまでは補修弁Φ100mmからPCボールの挿入可能。

 

 

 

洗管例
DCIP φ300

平成15年敷設   

洗管延長2.800m

マンガン付着物を除去

 

 

 

 

 

検索ワード:SCOPE 工法 スコープ 洗管
製品情報TOPに戻る
TOP